NEWS TOP

2018.02.16

アレクサンダー・ペイン監督やマット・デイモンも大絶賛のアジア系新鋭女優ホン・チャウの魅力に迫る特別映像が到着!!

本作でゴールデングローブ賞助演女優賞にノミネートを果たしたアジア系の新鋭女優ホン・チャウの魅力に迫る特別映像が到着いたしました!

共にダウンサイズするはずだった妻・オードリーの裏切りを後に知ってしまい、たった一人でミニチュア生活を過ごすことになってしまったポールの前に突如現れたのは、片言の英語しか話せないベトナムからの密入国者ノク・ラン・トラン。お人好しで損な人生を送ってきたポールは義足の生活を送る手助けしようとしたことをきっかけに、せっかちでマイペースなノクの性格に好き放題振り回されていくのかと思いきや、今まで知ることのなかった全く別の世界に気付かされていくこととなります。

dwn-07490r2

そんなポールにとって重要なキャラクターとなる、ノク・ラン・トランを演じたのは、ノクと同じくベトナム出身の両親を持ち、自身もタイの難民キャンプで生まれたというベトナム系アメリカ人女優のホン・チャウ。本作で『インヒアレント・ヴァイス』(2014)に続く2作目の映画出演となったホンですが、先日開催された第75回ゴールデングローブ賞では助演女優賞に見事ノミネート!すべての部門のなかでもアジア人唯一で、さらに自身としては初のノミネートという快挙を達成!解禁された映像を見てもわかるように劇中ではせっかちでマイペースなベトナム難民という癖のある役どころを堂々と演じ、同時にノミネートされた他のベテラン女優たちと肩を並べるに相応しい才能を発揮しています!

dwn-12624r

自身が演じたノクをベトナム出身の両親に重ねながら演じていたというホンは「とても特別な役だったから、本当にちゃんとできるようにしたかった。女性の役、アジア人の女性の役っていうわけじゃなくて、それだけで素晴らしい役なの。」と役に対して並々ならぬ想いを寄せています。また、本作の監督を務めたアレクサンダー・ペイン監督はホンとの撮影を振り返り「幸運にもぴったりの役者と出会えた。彼女だけがこの役をできたんだと思うよ。」と熱のこもったホンの演技を大絶賛。

dwn-09498r3-2

さらに、主演のマット・デイモンも「アレクサンダーがホン・チャウのスクリーンテストの映像を送ってきたとき、大当たりが出た、と思ったんだ。ホンには非の打ちどころがない喜劇的タイミングが備わっていて、それでいて完全なバイリンガルなんだ。この映画のキャストはみんなすごいのだけれど、僕はノクの役がすべてのキーかもしれないと思う」とホンの活躍に太鼓判を押しています!

アレクサンダー・ペインとマット・デイモンが声をそろえて称賛するアジア系期待のホープ、ホン・チャウの活躍を是非スクリーンでご覧下さい!

2018.02.13

ダウンサイズした同級生はいまや王のような生活!? マット・デイモン、小さな旧友 にガチ人生相談!本編映像を公開!!

この度、縮小した世界での新生活を検討しているポール(マット・デイモン)が、一足先にダウンサイズした同級生に、興味津々にガチ人生相談をもちかけるシーンの本編映像が公開になりました!

ダウンサイズこそが人生を変えるチャンスだと考え始めたマット演じるポールが、一足早くダウンサイズした同級生デイヴ(ジェイソン・サダイキス)とミニチュア生活について話し込む場面。机上の空き箱に座った小さな小さな同級生にむかって、資産増加のメリット、人口増加問題の解消という社会的意義などが大々的に謳われるダウンサイズについて、そんな夢のような話は現実に起こり得るのか、実に興味津々に相談。デイヴが「王のような生活」と表現するとニヤニヤが止まらず思わず吹き出してしまいますが、小さくなったデイヴにとってはちょっとした吹息も強烈で・・・。マット演じる、どこにでもいそうな普通の男・ポールのちょっと抜けた雰囲気が非常に愛おしく感じられる場面です。

%e8%a7%a3%e7%a6%81%e6%b8%88%e2%98%85%e2%98%85%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3

13cmへの縮小を夢見るポールを演じたマット・デイモンは、突飛なアイデアながらリアリティたっぷりに描かれるミニチュア生活について自身も大きな魅力を感じているようで「欲しいもの、快適さに必要なものは全てある。世界最大の屋内スキー場もある。もちろん、彼らのサイズでだけどね。地上の楽園で、気楽な生活を送れ、大きな世界では得ることの出来ない快適さが手に入るというわけだ。ダウンサイズが次第に魅力的に見えてくるよね」とコメント。一方、先に小さくなった同級生デイヴを演じたジェイソン・サダイキスは「デイヴにとってダウンサイズは経済的な利益をもたらすもので、その快適さに熱狂的なんだ。カントリークラブのゴルフ狂で、その運営もしている、そんな奴だと考えてみたよ」とこの軽妙なキャラクターの役作りにおける独自の視点を明かしています。

sub2

何かと悩みの尽きない現代社会。あなたも、マット・デイモンと共にミニチュア生活に夢見てみるのはいかがでしょうか?

2018.02.02

全身ダイヤコーデが、たったの83ドル!? 生プレゼンされる憧れのミニチュア生活に胸が高鳴る本編映像解禁!

この度、ダウンサイズした世界で手に入る煌びやかでリッチな生活をたしなむ、実際に13cmに縮小した人間たちによる生プレゼンショーを捉えた本編映像を解禁いたします!


多くの観衆が見守る中、立派な扉から登場してくるこのショーのプレゼンター・ジョフ役を演じるのは、映画、舞台、声優など幅広く活躍、さらにはトニー賞、エミー賞のホストを歴任し、2015年・第87回アカデミー賞(R)でもホストを務めたエンターテイナー中のエンターテイナー、ニール・パトリック・ハリス

dwn-ff-011r2
一見、TVショッピングの収録風景のようかと思いきや、なんとジョフのいた大豪邸はテーブル上のミニチュアサイズで左右に家がオープン!すると家の中では2度のアカデミー賞(R)ノミネート経験を誇るローラ・ダーン演じるセクシーなローラが入浴しており、身に着けるジュエリーはブレスレット、イヤリング、ネックレスと全身大きなダイヤばかりにもかかわらず、なんと総額たったの83ドル(日本円にして約9000円)・・・!?

dwn-ff-045k
このダウンサイズ・生プレゼンショーに参加したポール(マット・デイモン)とオードリー(クリステン・ウィグ)が、13cmに縮むことで得られるであろう超セレブな生活を目の当たりにした羨望の表情が印象的な場面です。

dwn-ff-041k
見事なプレゼン力と、誰もが羨むであろうダウンサイズ後の生活についてマット「ダウンサイズに興味を持つ人なら誰でもそうだけど、13cmであればもっといろんな贅沢が出来るってことがすぐにわかってくる。地上の楽園で、気楽な生活を送れ、この世界の労働者階級の生活からの解き放たれる場所と謳われているんだ」とその魅力を解説。クリステン「オードリーは、そんなに幸せではなく、結婚はしているけれど思い描いたような生活を送れておらず、何か変化を求めている。ダウンサイズがその答えに見えてくるの。この世界の1ドルが、レジャーランドでは何千ドルにもなるんだから、魅力的に思えるわよね」と同調していますが、この問題は悩みの多い現代社会に生きる我々日本人にも通ずるテーマ。きっとあなたもダウンサイズできる未来が待ち遠しくなるはずです!

dwn-09457r2
また本映像の解禁に合わせリニューアルされた『ダウンサイズ』公式サイト(http://downsize.jp/)ではダウンサイズした世界でのあなたの生活をシミュレーション出来る特設ページがオープン!不安なあなたへの簡単Q&Aはもちろん、現在の年収や貯金を入力するだけで、小さくなったあなたがどんな人生を送ることが出来るのかを簡単診断することが出来ます。大豪邸に、専属シェフ、プライベートジェットだって夢じゃない!ぜひ一度「ダウンサイズ診断」をしてみてはいかがでしょうか。

<ダウンサイズしたら、あなたはどんな人生が送れる?>
年収を入れるだけ!「13cmの人生診断」はこちら☟
http://downsize.jp/leisureland/

2018.01.31

『ダウンサイズ』本予告&新場面写真一挙解禁!13cmに縮小したマット・デイモンが人生大逆転に挑む!? 誰も見たことないリアルミニチュア人生!!

mani

この度解禁された本予告映像では、低収入で高ストレスの日々を送るマット・デイモン演じるポールが、<ダウンサイズ>された世界では、現在の貯金が82倍の14億円相当になると聞き、人生大逆転を賭けて、夫婦で<ダウンサイズ>に挑みます!大豪邸に暮らす裕福な生活を夢見、すべては順調のはずが・・・衝撃の展開が!怖気づいた妻オードリー(クリステン・ウィグ)が、先に13cmに縮小したポールを置いて、土壇場で逃げ出してしまうという予想外の事態に!“大きな”離婚届にもサインさせられて、まさかの人生どん底へ。

sub1
sub

しかし、そんなアクシデントは小さな世界で巻き起こる奇想天外な人生のスタートに過ぎなかった!
13cmの体には小さな茂みもジャングルに、体ほどの大きさもあるトンボや蝶たち。巨大なバラのプレゼントに、電子タブレットの巨大な映画スクリーン、ボトルのウォッカだって飲み放題!最低最悪の絶望から一転、驚きに満ちた人生の再出発に、ポールの人生は大きく動き始めます!はたして、小さくなったポールが見つける幸せの結末とは!?

sub2

マットは常識にとらわれないユニークな発想が詰め込まれたこの作品について「独創的で、これまでに見たこともないような話で、(普段暮らしている)この世界では得られないような生活を送ることができるんじゃないかと感じるんだ。地球にいいことをしながらね」とコメントをよせています。

▼『ダウンサイズ』本予告映像