NEWS TOP

2018.03.05

13cmなら、あの名産品が巨大サイズに!?小さなマットが列島縦断、日本各地で背比べ!ご当地ポスター5種一挙公開!

この度、ダウンサイズする主人公ポールを演じ13cmになったマット・デイモンが、日本5大都市(東京・大阪・名古屋・北海道・博多)の名物と背比べしたシュールなご当地ポスターが完成いたしました!

poster

本作は、何かと悩みの尽きない鬱屈とした人生を送る主人公ポールが、体を小さくする世紀の大発明によって今ある資産でも裕福な暮らしを実現できるという「ダウンサイズ」計画への参加を決意し、13cmに縮小する物語。劇中ではポールに扮したマット・デイモンが飛び込んだミニチュア世界で新たな幸せを掴むために奮闘するのですが、小さくなったマットがなんと来日も果たしていた!?

東京の招き猫、大阪のお好み焼きのへら、名古屋のエビフライ、北海道の木彫りの熊、博多のとんこつラーメンと全国津々浦々で出会った原寸大の縁起物・名産物は自身のボディサイズを超えるものばかり。こんなに大きな幸せはない!・・・と、各地の方言で喜びを表現するも、神妙な面持ちを浮かべた姿を見る限りでは、映画同様、現実はそう簡単にうまくいかない様子。

マットは人間のダウンサイズについて描いた本作について「欲しいものが何でも手に入る。快適さに必要なものは全てある。普段では得られないような生活を送ることができるんじゃないかと感じるのがダウンサイズの世界なんだ。この映画は、我々が住む世界・生活を定義するもの全てをテーマにしているよ。奥深くて、独創的で、これまでに見たこともないような話なんだ。それは自信を持って言うよ」と語り、一見良いことばかりに見えて一筋縄では幸せにたどり着かないダウンサイズの世界について解説しつつ、本作への自信を強調しています。

果たして、劇中で、そして日本列島のどこかで、マット演じる小さなポールは大きな幸せを掴むことが出来るのでしょうか。